公益財団法人弘仁会玉島病院

〒713-8103 岡山県倉敷市玉島乙島4030
 
 TEL:086-522-4141
  • 文字の大きさ:
  • 小
  • 中
  • 大



トップページ病院のご案内外来のご案内入院のご案内求人案内医療従事者の方へサイトマップアクセス

病院行事




~平成20年 平成21年 平成22年 平成23年 平成24年
平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
HOME

平成29年11月7日 管理者研修
今年は、葉PPINESSの代表 井上幸葉先生を講師としてお招きし、「リーダーの役割とは?」と題して、院内の役職者を対象に研修を行いました。

講義は複数人でチームとなり、意見をまとめて発表する形式でした。
リーダーとして、モチベーションを作ることの重要性や、トップの理想実現を目標として団結することなど、いかに大切であるかを学びました。
 

ページTOPへ


HOMEへ戻る

平成29年10月19日、20日 第25回日本慢性期医療学会 ~仙台大会~
今年は仙台で開催され、当院からは4名が参加しました。
今年の学会のテーマは「地域が創る慢性期医療 -新たな医療への挑戦-」

当院からは、以下2つの演題を発表しました。
「慢性期でもあきらめない!~8年の時を超え、完全経口移行への挑戦~」
リハビリ部 言語聴覚士 中村 智恵美
「終末に向けての看取りの介護 ~介護の立場でできるターミナルケアとは?~」
8病棟 介護福祉士 間部 清美、澤江 幸代

シンポジウムや全国の病院からの多くの発表があり、学ぶことが多い学会でした。
この時期に学会に参加させていただく機会をあたえてもらい、とても良い刺激と経験になりました。

ページTOPへ

HOMEへ戻る

平成29年10月14日 玉島病院 秋祭り
当日、天候はあいにくの雨でしたが、今年も無事院内で秋祭りを開催することができました。

まずは2台のお御輿が大きな掛け声とともに登場!会場を練り歩き、観客の方も一緒に楽しみました。
続いて、マリンバ・ユーフォニアムデュオ轍〈WADACHI〉の演奏、瀬崎保育園園児の皆さんによる発表、T&DJによるヒップホップダンス、最後に実行委員会全員による合唱が繰り広げられました。

院内にマリンバやユーフォニアムの美しい音楽が流れ、病院内にやすらぎの音色が広がりました。

祭りには近隣の方、入院患者さんのご家族の方の来院も多数あり、小さなお子さんには釣りゲームをしてもらい、楽しい笑い声が響きました。

出店で焼きそば、かき氷、ぜんざいなど多くの方に振る舞うことができました。
雨で足元が悪かったにも関わらず、多くの方々に来院していただき、よい秋祭りとなりました。
来年も地域の皆さんと共に盛り上がれるお祭りを目指して、職員一同頑張っていきます。
 
   
   

ページTOPへ


HOMEへ戻る

平成29年9月12日 院内コンサート
「いのちを考える音楽会
    ~命と歌を響かせて~」
ソプラノ歌手 村上彩子さんをお招きし、院内職員を対象としたトーク&コンサートを開催しました。

「故郷」「アヴェ・マリア」など全10曲を披露してくださり、最後はしばらく拍手が鳴りやみませんでした。

その後、当院に併設している介護付き有料老人ホームたましまにて、ミニコンサートを行っていただきました。利用者の方とともに「故郷」などを合唱し、楽しい時間を過ごしました。

心が震えるとはこんな感じなのだと職員一同、心から感動する時間を持てました。
 
   
   
   

ページTOPへ


HOMEへ戻る

平成29年8月22日 保育室へ
イオングループよりおもちゃ寄贈
イオングループよりたくさんのおもちゃをいただきました。絵本やぬいぐるみ、ボウリングなど様々なタイプのおもちゃがあり、子ども達はとてもうれしそうでした。
みんなで大切に使わせて頂きます!

ページTOPへ


HOMEへ戻る

平成29年8月21日 院内研修「地域医療・包括ケアビジョンの実現と2018同時改定に向けた準備と対応策」
株式会社ヘルスケア経営研究所の副所長 酒井真由美先生を講師としてお招きし、一日通しての研修を行いました。

午前中の現場視察では、患者さん、利用者さんの目線に立った病院作りなどを学び、午後からは「地域医療・包括ケアビジョンの実現と2018同時改定に向けた準備と対応策 ~“医療・介護融合”を進める医療・介護一体改革と医療・介護療養病床の再編・転換に向けて~」をテーマとしたセミナーを開催し、具体的にダブル改定での注意点や準備事項の知識を深めました。

この研修を受け、2018年の医療報酬、介護報酬のダブル改定を目前にし、この改定を見据えた基盤作りを行う必要があり、重要であることを認識しました。さっそく研修で学んだことを明日から取り組んでいこうと各自気持ちを新たにしました。

ページTOPへ


HOMEへ戻る

平成29年5月13日 「病院フェアin玉島病院」開催
看護の日(毎年5月12日)に合わせて今年度も病院フェアを開催しました。

今年は「AEDについて学ぼう」をテーマに当院の外来の田中看護師による講演を行い、AEDの大切さを参加された方々に感じてもらいました。その他にも瀬崎保育園園児による発表会、リハビリ部のスタッフによる健康体操の催し物を行いました。

また、今年度は子供達に楽しんでもらえるよう「キッズコーナー」のブースを設け、風車や吹き戻しを使い、楽しく肺活量をチェックしたり、お菓子のつかみ取りをしました。
有料老人ホームなどの入居者の方の作品を展示し、病院フェアに彩りを添えました。
 
   
   

ページTOPへ


HOMEへ戻る

 
平成29年3月21日

           接遇セミナー
  
株式会社サンキの玖須陽子先生を招き、「笑顔と思いやりを添えて」と題して接遇講習を行いました。

患者様満足につながる電話応対の心構えや方法などを、グループワークを交えて学びました。
受講者全員が病院はサービス業であることを認識し、患者様の信頼を得るために今後も努力していくことを誓いました。


ページTOPへ

HOMEへ戻る

 
平成29年3月21日

      新人職員オリエンテーション
  
入職者を対象にした新入職員オリエンテーションを行いました。

玉島病院の沿革や入職にあたっての心構え、当院職員としてのあるべき姿、看護部の取り組みなどについての講義が行われました。グループホームなどの各施設、各部署の紹介もあり、玉島病院の一員として、患者様にまごころのある誠実な対応をしていくことを再確認しました。

ページTOPへ

HOMEへ戻る

 
平成29年2月17日

第18回 QCサークル活動発表会
  
第18回「QCサークル活動発表会」を開催しました。
前年と同様にリスク管理をテーマに、各部署での活動結果を発表しました。
各部署が自主的に目標意識をもって活動し、日々の業務の効率化、患者様へのサービス向上、コストダウン、環境改善に向けて努力し、目的意識を持って業務を遂行できるよう、発表会で再確認をしました。

今年度の優秀賞は、下記の3部署。

 優 秀 賞 部 署 
急変時の対応について
慌てず 騒がず 落ち着いて
グループホームてまり
防災意識を高めよう!!
~いざという時に的確な判断で 自分の身は自分で守ろう~
栄養部
届出書類の見える化
事務所

ページTOPへ

HOMEへ戻る

平成29年1月24日
第18回 ちょっとよかった体験発表会
  
第18回「看護部 ちょっとよかった体験発表会」を開催しました。

各病棟・外来・通所リハビリなど、多くの参加があり、看護・介護それぞれの視点から、患者様にとって、より良い看護・介護ができるよう、各部署で問題点を出し、業務やサービスの改善の取り組みを行いました。

今年の優秀賞は下記の3部署。

 優 秀 賞 部 署 
終末に向けての看取りの介護
~介護の立場でできるターミナルケアとは?~
8B病棟(介護)
「わかってるはず!?」が事故のもと
~しっかり情報共有しよう~
リハビリ
 身体拘束をなくす為の取り組み
~どこまでゼロに近づけるか!~
本館病棟(看護)

ページTOPへ

HOMEへ戻る